showa30nen.kanadehonchushingura.1

 

便利な世の中ですね。

60年前の

舞台中継を

インターネット上で見れるなんて、

夢のようです。

私が見たのは、

昭和30年の

東京・新橋演舞場からの

舞台中継です。

 

初代吉田玉男さんも出演されています。

showa30nen.kanadehonchushingura.2

客席から

「玉男!」と

掛け声がかかっていました。

玉男さんの演技も

もちろん素晴らしかったのですが、

平右ヱ門の

足遣いさんが

もの凄くお上手で

驚きました。

玉男さんの

足遣いをしてらしたの、

どなただったのでしょう?

もし

御存知の方がいらしたら、

連絡下さいませ。

showa30nen.kanadehonchushingura.3

出演は

因会です。

文楽が

三和会と因会の二派に分かれていた時代の

舞台上演です。

由良助 – 豊竹山城少掾
力弥 – 竹本織部大夫
間重太郎 – 竹本雛大夫
竹森喜多八 – 竹本織の大夫(現・竹本源大夫)
千崎弥五郎 – 豊竹十九大夫
おかる – 七世竹本土佐大夫
亭主 – 豊竹弘大夫
仲居 – 五世竹本伊達大夫
伴内 – 三世竹本春子大夫
九太夫 – 八世竹本綱大夫
平右衛門 – 四世竹本津大夫

前 – 初世鶴澤藤蔵 後 – 六世鶴澤寛治

由良助 – 三世吉田玉助
力弥 – 二世吉田玉幸
間重太郎 – 二世吉田栄三
竹森喜多八 – 吉田光次
千崎弥五郎 – 吉田兵次
おかる(前) – 三世吉田文五郎(難波掾) おかる(後) – 桐竹亀松
亭主 – 吉田玉之助 伴内 – 吉田玉五郎
九太夫 – 吉田玉市
平右衛門 – 吉田玉男

昭和30年(1955)假名手本忠臣蔵
5つのパートに分かれてアップロードされています。