yumeji.takashimaya.1

 

「ベル・エポックを生きた夢二とロートレック
生誕130年 竹久夢二展」

見てきました。

想像以上に

たくさんの展示物があり、

満足のいく展覧会でした。

 

夢二が影響を受けたロートレックの作品も見れます。

「夢二の世界」というタイトルの映像ドキュメンタリー(約13分)も、

上映しています。

私は、デパートの開店時間に入ったので、

椅子に座って、その映像が見れたのですが、

午後にあった知人は、お昼頃に入館したので、

映像スペースの椅子は満席だったそうです。

1ケ所だけ、撮影OKのポイントがあるんです。

↓  ↓  ↓

yumeji.takashimaya.2

夢二がデザインした日用雑貨を売るお店「港屋」の再現スペースは、撮影OKです。

(撮影ポイントで立つ位置は決められています。)

真ん中の額縁には「紙屋治兵衛の絵」が、入っていました。

通路隔てたパーテションには、

夢二が描いた「文楽人形」も展示されていて、

テンション上がりました 😆

 

私がテンション上がったもう1つは、

白蓮さんが「港屋」の常連だったことです。

当時にタイムスリップして、

白蓮さんのお近づきになりたいです!!!


■8月27日(水) → 9月8日(月)
■7階グランドホール
■ご入場時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)
※最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)

1階ロビーには、

夢二の絵画を実際に再現させた着物と帯も、

展示がされていました。

↓   ↓   ↓

yumeji.takashimaya.3

 

こちらの展覧会は

岡山髙島屋、

日本橋髙島屋、

横浜高島屋

と、巡回します。