monthly.exhibit.guide.1

 

首都圏の

美術館・展覧会の情報を収集したいなら、

 

「月刊展覧会ガイド」が、

お薦めです。

 

どうして、私がここに紹介しているかと言うと、

「あんまりこちらの冊子がPRされていないのでは、ないか?」

と、思うからです。

私と「月刊展覧会ガイド」との出会いも偶然でした。

神田神保町の書店で、

ほんのたまたま出会ったのです。

「美術館で購入しました」、

とブログで書いていらっしゃる方も居ますが、

私が行く東京の美術館で

販売しているのを見たことがありません。

雑誌「ぴあ」が廃刊になった今、

首都圏の芸術関係の情報をまとめて読むことができなくなりました。

ネットで情報を得ることができますが、

紙媒体で

持ち歩けるのは、

この「月刊展覧会ガイド」が、

お薦めです。

ただ、発送が遅れがちなのが、

難点です(苦笑)。

以前、一度、冊子が届かなかったので、郵便事故かと思い、

電話で問い合わせたことがあります。

対応に出られた男性が、とても低姿勢で、

「編集作業が遅れていて、

お叱りの言葉をたくさん頂いております。

誠に申し訳ございません。

少々お待ち下さい。」

と応えて下さいました。

製作を間に合わせるため、

ボランティアスタッフを募集している時もありました :roll:

そして、とうとう、

月刊→隔月刊、になるとのことです。

monthly.exhibit.guide.2

 

「関東在住じゃないと

必要ないんじゃないの?」

と思われるでしょうね。

 

私が、この本をお薦めするのは、

美術館、展覧会情報はもちろんのこと、

読み物が、

非常に魅力的だから、です。

 

巻頭の特集

(今号は「文化財を訪ねる 日本の邸宅建築」)

コラム

(今号は、「展示における地震対策」「帯〆の問題」)

が、

とても面白いです。

私は、スクラップにして保存しています。

私は、今月更新月でした。

更新の案内が届いていたので、

こちらにアップロードさせていただきます。

興味のある人は、

購読して下さい。

1冊400円×6冊(年間)=2400円です。

monthly.exhibit.guide.3